20年近く前に、夢と現実のはざまで、色々な要素が繋がるさまを見た。
「何が」とは言えん。言語、というか音?や視覚要素、何かの意味、概念?
正直なんと言い表せば良いのかわからん。感覚としか言えん。

だがその時、私は「それ」に確信めいた何かを感じた。

以来、それがなんだったのかを追い求め続けている。
それが私の現在の創作における原点なので、それ以外は全て建前に過ぎん。
はっきり言って、それ自体に特に意味は無いのかもしれない。

 

人類は素晴らしい。何千何万と試行し、繰り返し積み重ねられた文明、叡智は
今日、量子論など究極的次元までの探求を可能にしているし、
今もその最先端で未知に挑戦する最高峰の研究者、

それに携わる多くの名の知れぬ人々がいて…

 

―だが、それ自体に「意味」を求めることは出来るだろうか?

繁栄を続け、社会を築き、世界経済という人類が作り上げたシステムを維持し、
果たしてそれがどうしたというのだ?
豊かなる繁栄を続けて、一体どこへ向かうつもりかね?

 

まあそういうことだ。そんなの考えること自体が「無意味」だろう。
生きていることは素晴らしいし、奇跡的な現象だ。
だがそこに根本的な意味を求めるのはナンセンス。
頭を空っぽにして、生きていることを楽しめば良い。

 

故に私は、たとえ無意味であったとしても追い求め続ける。
そのためのツールは素晴らしい人々が作り上げたものが、
既にたくさん存在している。本当にすごいな、と思う。

文明のありがたみを享受しつつ、私は私の出来ることを日々積み重ねるのみ。

Related Entry

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Other