基礎練習ギャグ第二弾。

つまりそれはスケールであり、そしてスケールなのであった。

 

ナンダコレハ。

まあ基礎練習を兼ねた、私なりのギャグである(笑)

 

芸術それ自体が至上目的になっている者は、

大概が(生物的観点からも)狂気だと思っている(笑)

 

人格形成過程で価値観がズレてしまったのだろう。

 

私の場合はこうだ

 

東京に生まれる、が、2歳に満たずに

当時最愛の祖父から引き離され関西に移住する。

見事に「あまり喋らずに、絵を描き続けては妄想にふける幼児」

が出来上がった!

 

幼稚園では予想通り「ジャイアン的ポジション」の餌食となり、

毎朝、通うのが嫌で嘔吐を繰り返すハメになる(笑)

その後、近隣で引っ越すのだが、阪神大震災にあう。

小学校に上がると見事に「別のジャイアン」の餌食となり、

更に登校班では上級生の毒牙にもかかりはじめる(爆)

親父には体育会系のスパルタで鍛えられた。

この頃には早くも「人は何故生きるのか」という哲学的思考が芽生えた(笑)

しかし高学年になると、突然ガタイが良くなり始め

少林寺拳法に通い始めたのもあり、

見事に表面上の人格と、内面にズレが生じるのであった(爆)

 

既に作曲を趣味にしていたが、10歳の頃にバッハに出会って心酔してしまい、

更にはMIDI打ち込み、ラジカセのテープ録音…

周りに聞いてもわからないことは図書館で調べ始めるという

「夢と希望が地獄へ真っ逆さまの芸術道ツアーへようこそ!」状態である(爆)

 

こうなると、もうとまらない。

どれだけ「お前には大した才能がない」「やめとけ」と言われても、

芸術を通して神の世界に触れることさえ出来れば良い

と考えているので、聞く耳持たずである(笑)

 

幸いにも人に恵まれたので、

機会を与えられここまで生き延びてきたが、

恐らく私は根本的に狂っている!

そして同志諸君、君たちも大概狂っているはずだ(笑)

 

さあ、各々が描く理想郷を目指し、いざ行かん!

特に目的を定めず歩き回るのが好きなのだが、

最近、妙に神社に関連したものが、目に入るようになった。

いや、本当に不思議なもので、

いつも通っている道でも、気にも留めた事が無かったのが、

(それだけ文化、風景に上手く溶け込んでいるのだろう)

改めて「それ」と見てみると、本当に多い事。

 

思わずその関連の本まで購読してしまった(笑)

 

先日は「いわゆる「神」は人の想像が生み出したものに過ぎない」

「だが絶対的な何かは存在していると思う」

という程度の、大まかな考えを述べたが、

感じる不思議な空気を思うと、それだけではない…

そんな単純な話じゃない…と改めて考えてしまう。

起源を辿れば何かしらの天災などを神格化し

鎮める目的で建てられたものが多いのだろうが、

実際にそこにまとわりつく「空気」は何なのだろうか。

 

まあ、説明できない部分があるからこそ、

霊感とかそういった話が出てくるのだろうが(笑)

例のシンフォニアはイメージ的には大体こんな感じになるだろう。多分。

これではよくわからんな。

大丈夫。私自身よくわかっとらん(爆)


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Other